マイナンバーで便利になる反面

マイナンバーは、国民一人ひとりに番号がついています、この番号で様様な手続きが簡略化したりまた税制や情報が分かるはすごく便利です。

誰一人同じ番号がなくあらゆる場所でアクセスして情報が分かるのは時間の節約にもなりますしやり取りも簡略化できるでしょう。

しかしこれは一つ間違うと大変なことになってしまいます、本人になりますし悪用する人も出てくるからです。
もし金融機関などのお金を借りたりできるものならば知らない間にお金を借りられたりして損害が出るわけでなくじつがいがでてきてしまいます。

このような事のないように本来ならば強固なセキュリティが必要なのですが未だにそこまでできていないのが困ってしまうものなのです。

最近ではマイナンバーも遅れ気味ですしうまく運用されていないのが問題になってきています、次第に上手く機能することでしょうがまだ数ヶ月かかることでしょう。

また一番困ったことはこのマイナンバーが口座番号に結びついてしまうことです、そうなると国民のすべての財産を国が把握してしまいあらゆる税で絞り上げるようなことになってしまいます。

やはりある程度リスクがあるものだということをしっておくべきでありすべて信用できるものではないということですね。
すでに海外ではこのマイナンバーに似たものが使われていますがなりすましなどの被害は大きくなっていますし社会問題になっているのです。

やはり強固なセキュリティをしていそれから始めるがベストでしたが行き当たりばったりの制作ですでに上手く稼働していないのは明らかに分かるものです。

便利な半面も多くあるのですが上手くできるようになるものはしばらく掛かりそうですね、でもこれらの情報を漏れないようにするようにすることこそが大事であり国に管理させるよりはやはり民間の会社のほうが安心して任せられるものです。

年金問題も漏れましたし国に委託するのはとても危険なものだと思いますので強硬なセキュリテイ会社が出てきてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です