マイナンバーのメリット

マイナンバーは、行政の手続きを簡素化できるメリットがあります。役所を利用したとき、手続きを行うときに時間がかかってしまいイライラすることもよくあることです。

あまりにも時間がかかりすぎると、利用する方としても予定が狂ってしまいますが、マイナンバーが導入されることによって、手続きを行いやすくなるのです。

マイナンバーがあることで、行政間で個人の情報の共有が行いやすくなり、今までよりも手間なく手続きを行いやすくなるのです。役所で待たされた経験がある人も、時間をかけることなく用事を足すことができるでしょう。

また、マイナンバーでは役所と税務署との連携がスムーズにできるようになるので、税金が徴収しやすくなる特徴があります。

税金は、国を支える元となるお金になりますが、徴収することができないとお金が集まらなくなり、社会保障もその分手薄になってしまいます。

豊かで充実した生活のためには、税をしっかりと納めることが重要となってくるのです。マイナンバーが導入されれば、充分な収入がありながら、今まで納税してこなかった人からも、税金を徴収できるようになるのです。

この場合、払っていた人と払ってこなかった人との不公平感を解消することができるだけではなく、十分な税金が集まることで社会保障も充実したものになってきます。

マイナンバーを導入することで、色々なメリットを感じることができますが、ほかにも災害時の支援が行いやすくなる利点も存在しています。

災害が起こると混乱しやすくなるため、個人の状態を把握することが難しくなってきます。

マイナンバー制度があれば、その個人の障害の有無や病歴などがわかりやすくなり、適切な支援を行いやすくなるのです。

大規模な災害が起こると、社会的な弱者のケアが後回しになってしまいますが、生活を立て直すために必要なケアや経済的な支援も行いやすくなるため、災害後に安定した生活を送ることが可能になるのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です