マイナンバーの利便性を示して欲しい

市役所なんかに行くと様々な手続きを行わなくてはいけない訳ですけど、それらの効率化というのを目的としてマイナンバーは作られたと聞きました。これまで様々な書類を持って行かなければならなかったような場合であったとしても、マイナンバーさえ分かればそれらの情報を照らし合わせる事ができるらしいです。

確かにこれが活用されれば非常に便利になるだろうなと思うのですけど、今の所はまだその様な仕組みがスタートしているという感じがしません。

おそらく現在は番号をそれぞれに配布したという所ではないかなと思います。だからこれからその様なサービスを稼働させて行くという事になるのでしょう。

そうなると私達がマイナンバーならではの利便性というのを実感するまでには、まだまだ時間が掛かるという事になりそうです。ですからこの段階において、この制度が失敗したのか成功したのかというのを論じるのは早過ぎるでしょう。まだまだ先を見ていかなければいけないという感じだと思います。

最初は色々と面倒な事もあるかも知れませんけど、やはりこれも慣れて行くのではないかなと思います。何でもそうですよね。初めの頃というのは煩わしく感じるものなのです。

でも一度慣れてしまったら後には引き返せないという事がこれまでも沢山あったのではないでしょうか?電車の自動改札にカードをかざすだけという支払い方法が今は主流になりましたけど、出始めの頃は何でこんな面倒な事をしなくてはいけないのかという意見が結構あったのです。

ですから、このマイナンバー制度というのもそのうち当たり前の存在になるかも知れませんね。ただ、具体的な利便性という物が示されない事には意味が無いのも事実です。インフラだけ整えても使わなければ意味がありませんからね。

既に相当な額の投資をしているというのは間違いないでしょうから、それが回収できるぐらいのメリットがなければいけないでしょう。私は賛成でも反対でもなく、しばらくの間はその様子を見て行きたいなという風に考えています。

マイナンバーの情報漏えい対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です