マイナンバーカードを取得する

2016年1月から、マイナンバーの制度がスタートしています。
それまでは存在していなかった制度であるため、理解するのが難しい部分も多いです。
とはいえ、制度について正しく理解しておくようにしないと、困ってしまうことも出てきます。

マイナンバーに関しては、最初に2種類のカードがあることを知っておく必要があります。
それは、通知カードとマイナンバーカードです。
よくある勘違いとしては、通知カードがマイナンバーカードだと思ってしまうことが挙げられます。

通知カードとマイナンバーカードは、それぞれ別の役割を果たしているものなので注意が必要です。
最も大きな違いは、身分証明書として利用することができるかどうかという点です。
身分証明書としての利用が認められているのは、マイナンバーカードのみとなっています。

通知カードというのは、名称にあるとおり通知するために用いられた紙製のカードです。
この通知カードによって、住民の1人1人にマイナンバーが通知されたわけです。
通知カードを見ればマイナンバーが分かりますが、顔写真がなく、身分証明書にはなりません。

これに対して、マイナンバーカードは身分証明書として用いられる重要なカードです。
個人番号カードとも呼ばれていて、通知カードとは異なりプラスチック製となっています。
身分証明書として用いる書類に欠かせない情報が多く掲載されていて、顔写真もついているのです。

マイナンバーを適切に管理しなければならないのは基本ですが、マイナンバーカードを取得するかどうかは個人の自由となっていることに注意が必要です。
通知カードは自動的に送られてきたわけですが、マイナンバーカードが自動的に送られてくることはありません。
取得したいと思った人が、申請するための手続きを取らなければならないのです。

マイナンバーは極めて重要な情報の1つですから、マイナンバーカードも同様に重要です。
紛失したり、他人に渡したりすることがないように、注意しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です