マイナンバー制度で便利になるかもしれない私たちの生活について

マイナンバーとは「個人番号」のことで、政府から個人一人ひとりに対して割り振られた自分だけの番号です。この番号は変更が効かないため、一度漏洩するといろいろな情報が筒抜けになってしまうため、管理は厳重に行わなければなりません。

ただし、もし他人のマイナンバーを使ってなりすましを行おうとしても、マイナンバーカードの提示時には本人確認書類と合わせて確認を行わなければならないとされているため、なりすましは出来ないようになっています。これは当然のセキュリティと言えます。

さて、平成27年10月から受付が開始されたマイナンバーカードは12ケタの番号制になっており、平成28年1月より交付が開始されています。

漏洩時の心配はあるものの、このカードで行えることは今後ますます増えていくと思われます。一番身近なのが会社にマイナンバーを提出する場面です。会社は一年に一度、確定申告を行います。申告時には社員全員分のマイナンバーを把握しておくことで、税の申告が管理しやすくなります。

これは個人単位でも同じで、例えば個人事業主の方が年に一度の確定申告を行おうとするさい、マイナンバーを記載することが平成28年度分の申告分から義務付けられます。さらに窓口では個人を確認するためにマイナンバーカードを提示し、本人確認を行うことになっています。

これからはマイナンバーを銀行口座や年金情報など、個人の情報を管理するほぼすべての情報へアクセスできるようになるために紐付けされると言われていますが、善良に暮らしている市民からすれば、マイナンバーによる管理はむしろ頼もしいことだと言えます。

もしも自分の身に何かあったとしても、マイナンバーカードと本人確認を行うことができれば、これ以上ない本人確認になりますし、正直に生きている方がより暮らしやすくなる制度でもあるのです。脱税や悪事を行うことが難しくなるといった側面が確かにあるため、逃げ得が許されないことになるからです。

さらにマイナンバーの利用により役所での事務手続きを簡略化したりすることも可能です。これまで時間がかかっていた手続きに関し、個人番号の管理がいま以上に進んだ場合、番号提示のみでさまざまな書類を一括で受け取ることができるようになるということも実現できます。

マイナンバーが不正利用される恐れがある場合、番号は特別に変更手続きが行われますが、基本的に一度受け取った番号は一生使うものなので、個人個人で管理する義務があります。一生ひとつの番号を持って生きていくため、カード管理は慎重に慎重を重ね、より厳重な管理体制を個人で行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です