マイナンバー制度の良し悪し

マイナンバー制度が本格的に始まるにつれて、もしかしたら大きな混乱を招くことも多いかもしれません。当然、個人情報に関しての扱いもかなり注意しなければいけなくなりますよね。もちろん、マイナンバー制度があることで様々なメリットもあるのですが、それ以上に心配なのがデメリットの多さかもしれません。

なぜなら、マイナンバーを悪用し犯罪に使われるかもしれないからです。たくさんの私たちについての大切な情報がマイナンバーには含まれているため、ちょっとしたことによってそれらが全て流出してしまう可能性もあります。これまでに数多くの個人情報漏れが発覚しているために、それらを懸念している人々も少なくないはずです。

マイナンバー制度というのはそれほど世間を大きく動かす可能性もあるかもしれません。マイナンバーによって多くの情報がわかるので、取り扱いには相当注意しなければなりません。さらに、現在何か副業をされていたり、所得を申告せずにお仕事をしている人であれば、マイナンバーによってかなり不利な点もあるでしょう。

と言うのは、マイナンバー制度が本格的にスタートし、銀行とも紐付けされるとき、副業をしていることが会社にバレたり、脱税をしている人はかなり危険かもしれないのです。マイナンバーであなたの所得を完全に把握されると、脱税していた数年間の税金と追徴課税を請求されることになります。そうなってしまうと大変なことになりますよね。

そのために、マイナンバー制度にビクビクしているという方々もたくさんいるのではないでしょうか。まだどうなるかはわかりませんが、おそらく税金に関してはこれまでよりは厳しくなり、脱税している人には厳しい制度になります。マイナンバーには良し悪しがあると思いますし、もしかすると、見解も大きく別れるのではないでしょうか。

難しい問題ではあるのですが、私たちはマイナンバーについてもっと勉強し、より厳しい姿勢で対応していくことも大切でしょう。まだまだ多くの不安要素が残るマイナンバー制度ですが、これからどうなるのかも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です