マイナンバー導入によるメリットやデメリット等について

平成27年10月からスタートしたマイナンバー制度ですが、いまいちどんなものなのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はマイナンバー制度が導入されたことでのメリットやデメリット等について見ていきたいと思います。

【マイナンバーとは?】
マイナンバーとは住民票に記載されている方全員が持つ誰一人として同じ番号の人は居ない12桁の番号のことであり、これを照合することで、所得や納税等の状況が分かるようになっています。
そして、こうして一度与えられた番号は一生変わることはありません。

【マイナンバー導入によるメリット】
マイナンバーの導入でこれまでは市役所や税務署等の公的機関で別々に管理されていた情報が一つにまとまったことで各々の機関で管理がしやすくなり、私たちがこれまで行ってきたこれらの機関での面倒な手続きが簡単になる等といったメリットがあります。

また、情報が一つになることで、年金を不正に受給したりや脱税といったことも行えなくなるのです。

【マイナンバー導入によるデメリット】
前述の通り様々な情報が一つにまとまるといったメリットがある反面、この番号が流出した際には被害が非常に大きくなるというデメリットがあります。

【マイナポータルとは?】
他にマイナンバーに関することとしては、平成29年1月よりマイナポータルと呼ばれるサービスがスタートする予定です。
マイナポータルのスタートにより、インターネットを通じて自分のマイナンバーへのアクセス情報を知ることが可能となり、社会保険料の支払い状況等といった確定申告の際に必要な情報が手に入る他、自分にとって有益となる行政からのお知らせも受け取れるようになります。

ただ、マイナポータルの利用にあたっては、本人を認証する為の手段としてマイナンバーカードとICカードリーダーが必要という点にご注意ください。

【終わりに】
いかがだったでしょうか?マイナンバー制度は始まったばかりという事もあり、それほどメリットが感じられないかもしれませんが、今後はこれを用いる機会が増えることも予想されます。
まだ、マイナンバーカードを持っていないという方はマイナポータルがスタートするまでに申請されることをお勧め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です