副業をしている身としてマイナンバーはどう転ぶのか戦々恐々です

給料が伸び悩む現代において、副業をするという行為はもはや当たり前の行為なのではないでしょうか。

少なくても私の周囲では多くの人が何らかの副業をしていますし、それによって生活費を稼いでいるという現実があります。しかしながら、それを勤めている会社に正直に話しているという人はごく少数しかいないのではないでしょうか。

とりあえず私は副業をしていますが、会社に申告はしていません。就業規定には副業をする際には申し出ることとなっているのですが、正直に話したところで自分の立場が危うくなることしか想像できませんからね。そうであるならば、黙って副業に励んだ方が良いということになります。

しかし、ここに来て暗雲が立ち込めてきましたね。

そう、マイナンバーです。私はこれが出るとなった時に、自分にどう影響するのかが分からなくて色々と調べました。まぁ、このマイナンバーによって本当に知りたい対象は納税をしているのかしていないのか分からないような個人事業主なのだということは分かりましたが、それでも自分の収入に対して何らかの報告が会社に行くかもしれませんよね。

実はこれまでも、そうしたことを防ぐために年間の副業収入を20万円以内に抑えるようにはしていました。これであれば一時所得としてカウントされるので、いちいち税務署から連絡が行くことは無いためです。

もっとも、人間というものは稼げるとなったら欲が出るもの。20万円以内に抑えようとはしても、どうしてもそれ以上稼ぎたいとなってしまうんですよね。そこで検討したのが、自分自身で行う確定申告です。でも、これって怪しさ満点ですからね。少なくても、会社にはすぐにバレるしょうね。

というわけで、このマイナンバーがある程度運用されて結果が出るまでは戦々恐々の日々ですね。とりあえず、副業の収入だけはバレたくないなと思っています。何だかんだで本業の方が稼ぎは多いわけですし、これが絶たれればさすがに路頭に迷ってしまいますからね。はてさて、マイナンバーはどう転ぶのでしょうかね。

外断熱システムとは

1件のコメント

  1. Mr WordPress

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です